航空宇宙・防衛産業について

規制の厳しい航空宇宙産業では、乗員や乗客の安全性への配慮から、最高レベルの品質と信頼性が求められます。欠陥のない品質を維持することは不可欠であり、コストもかかります。人々が頻繁に旅行するようになり、航空会社が機材をアップグレードすることで、航空機業界は今後10年間で大幅に成長するでしょう。安全性と管理の観点から、環境と技術の革新を求める声がこれほどまでに大きくなる業界は他にありません。

ケプナー・トリゴーは、航空宇宙・防衛産業が直面している重要な課題を解決するために、構造化された問題解決方法を提供しています。ケプナー・トリゴーは、アポロ13号の宇宙飛行士を無事帰還させた50年以上前から、現代のハイテク航空宇宙プログラムに至るまで、様々な歴史を持ち、最も複雑な課題に対応できるように支援しています。ケプナー・トリゴーは、政府機関の要求事項の大幅な変更から、革新的なハイテク製品の開発まで、様々な課題に対応しています。航空宇宙・防衛業界のリーディングカンパニーは、複雑な問題に対処し、品質基準を維持するためにケプナー・トリゴーを利用しています。

宇宙事業、政府契約者、その他の航空機、エンジン、部品メーカーは、ケプナー・トリゴーの思考スキルを、最も複雑な問題を解決するための信頼できるツールとしています。高度なアビオニクス、新しい推進システム、そして間近に迫った宇宙旅行の複雑な問題を迅速に解決するため、データを効率的かつ効果的に簡略化する能力を備えたケプナー・トリゴーの、信頼性の高い分析トラブルシューティングの手法を学び、使用する必要性が高まっています。

ケプナー・トリゴーの航空宇宙・防衛産業におけるコンサルティングおよび研修についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

アナリティックトラブルシューティングを含むKTの合理的なプロセスは、BAE Electronic Solutions社の生産性とモラルの向上に貢献しました。また、長期的な生産性の向上と大幅なコスト削減にもつながりました。

ここ数年、資産の多い企業では、APM(Asset Performance Management)戦略の一環として、リアクティブ・メンテナンスからプレディクティブ・メンテナンス(予定外の故障を未然に防ぎ、排除すること)へと移行しつつあります。APMを成功させるためには、組織の人間側も含めて、部門間のコラボレーション、批判的思考や問題解決のスキルの使用、組織全体での取り組みを促進するフレームワークが必要であり、その結果、よりスマートな意思決定、メンテナンスコストの削減、資産の信頼性向上につながります。

航空宇宙産業において、フォッカー社は軽量構造物、モジュール、着陸装置の設計、開発、供給における戦略的スペシャリストとして評価されています。

エアバス社やボーイング社に部品を供給しているフォッカー・エアロストラクチャーズ社は、品質改善、チェンジマネジメント、チームワークについて、あらゆる業界に教訓を与えています。

お客様の声

コンサルタント
航空宇宙・防衛産業における

Gijs Verrest
シニアコンサルタント
ヨーロッパ
George Ng
リージョナル マネージング ディレクター
アジア
伏田 勝尋<br>(Masahiro Fushida)
ビジネスソリューションコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから