統合されたアプローチとして品質を推進するには?

民間航空機の利用に依存する何百万人もの人々にとって、航空機の信頼性は考えたくないものであり、あるものと思い込みたいものです。

私たちは空を旅する者として、航空宇宙産業には品質へのこだわりがあることを期待しています。どのメーカーも高い品質基準を守っていますが、私たちが地球上のはるか上空を高速で移動するために頼りにしている航空機には、さらに高いレベルの品質と信頼性が求められています。

オランダを拠点とするFokker Aerostructures社の部品が、エアバス社やボーイング社の商用機を含む主要メーカーの航空機に搭載されていることは、多くの人に知られていません。この記事では、Fokker社がどのようにして品質を向上させているのか、またKepner-Tregoeの論理とプロセス言語がどのようにしてそれを実現しているのかについて、2つのパートに分けてご紹介します。

フォッカー社のビジネス・インプルーブメント・マネージャーであるトム・ヴァン・トール氏はこう語る。

...品質とは、何かをすることではなく、あなた自身のことであり、ライフスタイルのことなのです。その本質は

  • リアクティブな製品品質からプロアクティブなプロセス品質へ。
  • 修理から継続的な改善へ。
  • 結論を急ぐエンジニアから、事実に基づいて完璧を目指すことに満足感を覚えるチームまで。
  • 生産上の問題を解決することから、問題を防ぐための設計まで。
  • 品質部門からFokker全体へ。

一方、ケプナー・トリゴー社のコンサルタントであるGijs Verrest氏は、過去4年間、KT社が問題解決のためのトレーニングとサポートを提供し、問題解決に対する積極的なアプローチと文化の変化をフォッカー社の品質イニシアチブの中核に据えたことを説明している。

業界を問わず、フォッカーのアプローチは、変化を管理し、チームワークを向上させ、事実を利用して行動を促し、コミットメントを構築する上での教訓となっています。

ブログ画像1
クリティカル・シンキングが組織の質の高いアウトプットをもたらす方法
ブログ画像1
現代のビジネスにおける品質:知覚vs.パフォーマンス
ブログ画像1
問題解決能力の低さがビジネスに悪影響を及ぼす理由
ブログ画像1
シミュレーションとマッスルメモリー - ビジネスで最も活用されていないツールの一つです。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから