意思決定の専門性

意思決定が企業の未来を左右する

研究者によると、平均的な成人は1日に約35,000回もの意識的な意思決定を行っていると言われています。責任の度合いが増すにつれ、選択しなければならないことも増えていきます。それぞれの決断は、将来を決定づける結果をもたらす可能性があります。その決断の質によって、あなたの未来が明るいものになるかどうかが決まるのです。

戦略的意図を実現するためには、意思決定を衝動的なものからバランスのとれた反省的なものへと導く、明確なフレームワークが必要です。人は、膨大な量の意思決定に対処するために、さまざまな意思決定戦略を利用します。私たちはしばしば、より強固でポジティブな結果を犠牲にして、最も簡単でシンプルで快適な解決策に頼ってしまいます。また、誤った意思決定がもたらす問題を処理するためのコストを払って初めて、そのコストを認識することが多いのです。

診断とは

バランスの良い選択をするためのシンプルな仕組み

  • 主観を可能な限り客観化する

    可能性のある選択肢を評価するために一貫したフレームワークを使用することで、実施の影響に伴うストレスを感じることなく、意図した利益に集中することができます。まず関係する要素を考慮し、その時点での最善の判断を下すために情報を利用することで、より良い結果、より強い成果を得ることができます。

  • コラボレーションの力を引き出す

    チームのメンバー全員の相反するニーズや欲求を交渉せずに意思決定を行うと、混乱が生じます。組織の将来を決定する意思決定において、人々がより効果的に働き、共有の責任を果たすことができるようにします。

  • 委任の力を活用する

    シニアリーダーは、何を委任すればよいのか、タスクだけでなく意思決定も委任するにはどうすればよいのか、どのような意思決定が直属の部下の学習や成長の機会となるのか、といったことに悩むことが多いものです。部下の知的能力を活用するためには、委任の技術をマスターしなければなりません。

  • デシジョン・オーナーシップの危険性への取り組み

    企業における意思決定の不備にまつわる問題の多くは、誰がその意思決定を行うのかが明確でないことに起因しています。説明責任を果たすことで、意思決定の有効性を高めることができます。また、説明責任を果たすことで、オーナーシップを高めることができます。どの意思決定がどこで誰に帰属するのかを知ることで、意思決定のスピードが向上します。

個人やチームの認知バイアスを管理しながらデータの拡散を克服する

Lorem ipsum dolor sit

デジタル時代の意思決定

かつて、会社のコンピューターや電話からインターネットにアクセスすることは、前代未聞のことでした。社員は隣り合ったキュービクルに座り、デスクホンで顧客と連絡を取り、ウォータークーラーで週末の話をしていた。

 

リモートワークやハイブリッドワーク、そして「常に接続されている」ワークプレイスの世界は、そのパラダイムを覆しました。さらに、デジタルトランスフォーメーションにより、コミュニケーションや新しいアイデアへの対応を期待するスピードが加速しています。

Lorem ipsum dolor sit

変化のスピードが、人間が変化を処理するようにできている仕組みと一致していない

これまで以上に、意思決定には、意思決定の目的や、選択の背景にある「理由」を明確に理解した上で、データに基づいた協力的なプロセスが必要です。バランスのとれた意思決定は、客観的な推論を経て、意味のあるデータに裏付けられたものであれば、より高い評価を得ることができます。

 

これは、コストが高い場合や、最良の選択が最も人気のあるものではない場合に特に当てはまります。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから