パワー&ユーティリティ

電力業界について一言

電力・ユーティリティー業界は、脱炭素化、新しいデジタル技術、代替エネルギーの機会、さらに多くの進化する課題に伴い、政治的にも変化の激しい規制環境に直面しています。よりクリーンな未来への道は進行中ですが、リスクは高く、継続的に加速する変化は確実です。

Kepner-Tregoe社は、規制の厳しいこの業界のお客様と50年以上にわたって仕事をしてきました。Kepner-Tregoe社のコンサルティングおよびトレーニングプログラムは、信頼性、コスト削減、プロセスの改善、問題解決、意思決定、計画立案のスキルの向上に焦点を当て、業界の管理者を支援しています。

21世紀に入ってから、私たちの能力開発プログラムは、電力会社が新世代の労働者を高品質な仕事にスムーズに移行させるのに役立っています。また、経営者レベルでは、コンサルタントが意思決定者と協力して、変化する状況をうまく把握し、最善の方法を決定しています。

異常気象の頻度が増加し続ける中、電力会社は、リスクを分析・回避し、顧客を保護してサービスレベルを向上させるために、ケプナー・トリゴーのプロセスをますます利用するようになっています。

KT社の顧客は、電力会社、政府系および民間の公益企業、水道会社、ガス会社、さらには業界のサプライヤーなど多岐にわたっています。KT社の構造化されたプロセスは、電力会社のオペレーションとメンテナンスのプロセスに組み込まれ、品質管理と安全性の向上、電力会社と消費者のコスト削減に貢献しています。

Kepner-Tregoe社は、シャットダウン、ターンアラウンド、停電などのミッションクリティカルなイベント、プロジェクト計画、問題解決、リスク管理、その他のプロセスを改善するためのコンサルティングとトレーニングを行っています。KTの手法は、緊急事態や一刻を争う状況、その他ストレスの多い状況において、根本的な原因を素早く見つけ出すために、業界内でグローバルに使用されています。その目的は、必要なプロジェクトを最小限のコストで完了させながら、プラントを迅速かつ安全に再稼働させることにあります。

Kepner-Tregoe社の電力・ユーティリティー業界向けコンサルティングおよびトレーニングの詳細については、Kepner-Tregoe社にお問い合わせください。

インサイト

原子力発電所の信頼性は問題解決の文化にかかっている

多くの原子力発電所では、主任エンジニアが時間の3分の2を是正措置プログラムのために費やしています。また、トップマネージャーも同じ領域にかなりの時間を費やしています。問題解決に多くの時間を費やすことによる高いコストは、高度に熟練したエンジニアのリソースを、プロセス改善やその他の付加価値のある作業などの貴重な仕事からそらすことによる機会費用によって、さらに大きくなります。

発電所が止まるとK-Tプロセスが起動する

原子力発電所のエンジニアが、問題解決のためにKT法を導入したところ、緊急停止を迅速に解決することができ、チームに新しいシステム的なアプローチを採用させることができたと語っています。

根本原因分析。闇雲にやるのと、的を射るのとでは、雲泥の差がある

ほぼすべての産業に当てはまる、原子力発電産業から学ぶべきこと。

迅速なソリューションにより、収益の維持とコストの削減を実現

お客様の声

私たちの専門家
電力・ユーティリティー業界における

クリス・グリーン
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
北米
Jens Refflinghaus
リージョナル・マネージング・ディレクター - ヨーロッパ
ヨーロッパ
アメリア・リム
ビジネスソリューションコンサルタント
アジア
上楠隆
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから