シミュレーションベースのトレーニング - 実際にやってみることの大切さ

問題解決の理論を学ぶことは一つのことです。理論を実践するのは難しいことです。Kepner-Tregoe社は、新しいトラブルシューティング・シミュレーション学習をリリースすることで、「実践して学ぶ」ことを取り入れました。

近年、トレーニング業界ではシミュレーション学習が注目を集めていますが、それには理由があります。シミュレーションは、生徒が実世界の環境で安全に練習できる場所を提供し、ダメージを与えることなく失敗から学ぶことができます。

シミュレーション・トレーニングを最初に取り入れた産業の一つは、当然のことながら航空業界です。パイロットは、飛行中に遭遇する可能性のある状況や条件を、命を危険にさらすことなく体験し、対応します。パイロットが何時間もかけて行うシミュレーショントレーニングの価値は、民間航空機を利用する人であれば誰もが認めるところです。

うまく構成されたシミュレーションでは、学習者は "If I do this, what happens? "という質問に答えることができます。学習者は様々なシナリオを試し、何が有効かを確認し、どのようにして正解や不正解にたどり着いたかを理解する機会を得ることができます。このような試行錯誤のアプローチは、学習者が新しいスキルを実社会で適用するために必要な知識と自信を与えてくれます。

最高のトレーニングでは、受講者はそのテーマの理論をしっかりと学び、知識や理解を深めることができます。しかし、それだけでは、研修を提供する組織に真の価値を提供するための実践的なスキルを身につけるには十分ではありません。そこで登場するのがシミュレーショントレーニングです。現実的なシナリオの中で理論を適用し、正しいか間違っているかの結果を体験することで、学習内容を強化します。組織におけるシミュレーショントレーニングの価値は、メンタリングプログラムでフォローアップすることでさらに高まります。メンタリングは、新たな問題解決者を、組織内の経験豊富な実務者と結びつけるものです。社内の能力はまだ発展途上であるため、この継続的なサポートプログラムは、社内の問題解決の専門性をしっかりと確立するのに役立ちます。

ウェブベースのKTトラブルシューティング・シミュレーション・トレーニングツールは、KTの問題分析と状況評価のプロセスを統合し、効果的な根本原因の分析を行います。学習者には、デジタルのロボットを使った問題シナリオが提供され、学習者はKTの手法を使って問題を解決します。15以上のシナリオがあり、難易度も様々です。このシミュレーションは、個人の問題解決能力を高めるためにも、効果的な問題解決チームを作るためにも使用できます。また、実際のロボットも用意されており、シミュレーショントレーニングをより効果的に行うことができます。

ブログ画像1
シミュレーションとマッスルメモリー - ビジネスで最も活用されていないツールの一つです。
ブログ画像1
オペレーションにおけるシミュレーション - 本番さながらのリスクなしに貴重な経験が得られる
ブログ画像1
問題解決能力を求める声が高まる中、体験型トレーニングを実施
ブログ画像1
オンライントレーニングは試してみましたか?

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから