オペレーションにおけるシミュレーション - 本番さながらのリスクなしに貴重な経験が得られる

ケプナー・トリゴー社 エメル・フィルティナ氏による

特にストレスの多い状況下で、社員が自分の判断や行動に自信を持つためには、経験が重要なツールであることは間違いありません。 経験を積むことで、入手可能な情報、原因と結果の関係、潜在的な代替案などを理解することができます。 これらのことは、状況の全体的なストレスレベルを下げ、従業員がどのような行動を取るべきかをより明確に考えることを可能にします。 多くの企業にとっての課題は、オペレーションを危険にさらすような実戦的な状況を作り出すことなく、これらのことを学ぶための経験を従業員に提供する方法を考えることです。 シミュレーションは、そのための最も有効な手段の一つです。

闘争・飛行・凍結反応の無効化

危機的な状況、停電、その他の重要な業務上のシナリオに関しては、曖昧さや単に「何が起こるかわからない」という状況が、従業員を凍りつかせ、過度に慎重になり、過度に攻撃的な反応を起こさせることがあります。 これが自然な闘争・逃走・凍結反応です。 この自然な傾向を克服し、思慮深い分析と意思決定を可能にするためには、状況から「危機」を取り除き、自然な反応を再訓練することが重要です。 この目標は、引き金となる出来事(I see this)と衝動的な反応(I do that)の間に新しい関連性を築くことです。 シミュレーションには、反復して一貫性を持たせることを目的としたものと、実行するたびに異なるものにすることを目的としたものがあります。

シュミレーションの種類

シミュレーションの中には、参加者が期待する方法に沿ったシナリオや環境を提示することで、基本的なスキルを身につけることに焦点を当てたものもあります。 例えば、パイロットがフライトシミュレーターの中で、今まで飛んだことのない空港で離着陸の練習をしているとします。 環境は静的で予測可能なので、パイロットは何度もアクティビティを練習し、やりたいことを考え、繰り返すたびにアプローチやテクニックを改善・調整することができます。 実際の飛行機でアクティビティを行うときには、パイロットは環境やタスクを成功させるために必要なアクションに慣れているので、初めて行うときのような曖昧さからくるストレスはありません。

その他のシミュレーションは、未知の状況、高いレベルの変動性、プレッシャー下での意思決定の必要性に対処するためのトレーニングに焦点を当てています。 このシミュレーションでは、参加者がすでに基本的なスキルを持ち、「通常の稼働状況」に対処する方法を知っていることを前提とし、代わりに混乱や予期せぬトリガーとなる出来事を利用して評価と行動を促します。 多くの場合、これらのシミュレーションは適応性があります。つまり、ある行動を取ると、シミュレーションは予想される結果を返し、次の行動を促します。 これらのシミュレーションは、チェスゲームに非常によく似ています。ゲームボードは既知であり、駒とその動きは理解されていますが、相手プレイヤーの行動によって未知の状況が発生し、何らかの反応が引き起こされます。 オペレーションには常に未知の状況が存在します。これらのシミュレーションの目的は、参加者が生来の危機対応(闘争/逃走)行動を引き起こすことなく、それらの未知の状況や混乱を理解し、対応できるようにすることです。

オペレーションにおけるシミュレーション

シミュレーションは、企業や軍隊、スポーツ選手、さらには瞑想を行う人々の間で、長年にわたって有効なツールとして利用されてきました。 シミュレーションは、数学的モデリング、テーブルトップ演習、メンタルウォークスルー、ウォーゲーム、ドレスリハーサル、シナリオテストなどの名称で呼ばれることもありますが、これらはすべて本質的にはシミュレーションです。 人工的に作られた環境や状況で、参加者は様々な物理的・精神的な刺激を体験し、それに対応する練習をすることができます。 シミュレーションは、組織固有の環境やチームダイナミクスに合わせて行うことができるため、オペレーションスタッフのトレーニングに非常に効果的なツールであることがわかっています。 現実の状況では、問題はチームで解決されるので、シミュレーションや練習、コーチングもチーム活動として行うのがベストであることは理にかなっています。

Kepner Tregoe社は、60年以上にわたり、企業が問題解決、オペレーションの効率化、継続的な改善能力を身につけるための支援を行ってきた業界のリーダーです。 Kepner Tregoe社は、危機的な状況(および通常のオペレーション)に思慮深くかつ決断力を持って対応できるようにするために、従業員に貴重な経験を提供する上で、シミュレーションが果たす役割を理解しています。

関連

ブログ画像1
シミュレーションベースのトレーニング - 実際にやってみることの大切さ
ブログ画像1
シミュレーションとマッスルメモリー - ビジネスで最も活用されていないツールの一つです。
ブログ画像1
問題解決能力を求める声が高まる中、体験型トレーニングを実施

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから