オペレーショナル・エクセレンスへの道、パート4:OEカルチャーの奨励と維持

このブログシリーズでは、オペレーショナル・エクセレンスに到達するために、まず、戦略とリーダーシップにおける強力な能力を開発し、これらの要素がいかに「正しいことをする」ことに重点を置いているかを説明することから始めました。次に、実行、つまり「物事を正しく行う」ことについて説明しました。このブログシリーズの最終回では、OEの最初の部分である戦略、リーダーシップ、実行の焦点と努力を維持し、その努力を組織として確実に持続させる方法に焦点を当てます。

経営者の間では、さまざまな取り組みが行われており、その重要性も変化しています。しかし、この半世紀の間、様々な活動の中で一貫しているのは、「パフォーマンスの測定」というテーマです。

メジャーとは、組織がスコアを記録し、戦略や計画の効果をモニターすることを可能にするものです。これらは、マネジメントOEの意思決定の基礎となるものであり、またそうあるべきものです。厳密かつ慎重に行われない限り、測定基準と測定方法の実施は、望ましくない行動を引き起こし、スタッフから冷笑的な反応を招く可能性があります。

昔から言われている「測定されたことは実行される」という言葉は、必ずしも正しいとは限りません。しかし、測定値が十分に重要であれば、その測定値は管理されることになります。毎日、何千もの工数が、報告された測定値をグループや運営委員会に受け入れられるようにするために費やされています。従業員はこのような活動を認識しており、新しいプログラム構想に伴う創造的な会計処理にやる気をなくしてしまうこともあるでしょう。

コスト/ベネフィットの方程式をひたすら追求すると、OE活動のエネルギーが、時間のかかる「節約」の収集、文書化、報告によって相殺されてしまいますが、測定方法の設計に不備があるため、損益に反映されないことがよくあります。

過去5年間、私たちは、測定基準や測定値がオペレーショナルエクセレンスの追求にマイナスの影響を与えている例を数多く見てきました。これは、組織が、本当に重要なものよりも、測定しやすいものを選んでいる状況によって証明されています。つまり、より重要かもしれない他の指標を犠牲にして、特定の指標を追求しているのです。

OE活動に焦点を当てた競争上の優位性の直接的な要因ではありませんが、最適な目標と測定システムの設計と展開は、OE文化の成功と持続に不可欠です。

第三部  オペレーショナル・エクセレンスへの道 - Part III

ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道 パート2:実行
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道、パート3:ハイパフォーマンスなカルチャーとフォーカス
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道。パート1
ブログ画像1
最前線で働く人々。オペレーショナル・エクセレンスのヒーローたち

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから