オペレーショナル・エクセレンスへの道 パート2:実行

このブログシリーズのパート 1 では、オペレーショナル・エクセレンス(OE)への道筋における戦略とリーダーシップの役割について述べました。第二部では、OE戦略の実行に移り、実行を成功に導く5つの要因に焦点を当てます。

戦略的成功の源泉としてOEの最適な強調点を評価することで、オペレーショナル・エクセレンス活動の優先的な焦点である、品質の向上、能力の向上、リードタイムの短縮、サービスレベルの向上、コストの削減を、オペレーショナル・コンペティティブ・アドバンテージの5つの実行要因を考慮しながら特定します。

1.安全性

人と資産の安全を確保するには、ビジネスを成功させるための環境を構築する必要があります。危害を加えず、事故を最小限に抑えた施設の運営・維持は、コンプライアンス、コスト、人材確保を達成する上で重要な成功要因となります。

これを単なる法規制遵守の問題ではなく、競争上の優位性の源泉とするにはどうすればよいのでしょうか。いくつかの業界、特に資本設備、建設、天然資源の分野では、契約締結の際にベンダーの過去の安全実績を考慮する傾向が強まっています。

2.資産生産性

一見すると当たり前のことですが、資産集約型メーカーにとって、資産生産性(資産1ドルあたりの収益)は非常に重要な意味を持ちます。しかし、多くの企業は資産を最適化する機会を逃しています。OE活動への投資ではなく、資産と売上高の関係を維持するための手段として資本を利用することで、企業は現在の資産ベースの柔軟性を高める機会を逃しています。包括的な資産戦略を用いることで、企業は施設の数と場所、運用改善の取り組み、数量要件とビジネスサイクルに沿ったメンテナンス戦略を慎重に検討します。

景気後退がもたらす好材料があるとすれば、それは、資産の生産性と利用率の向上に重点を置かざるを得ないことです。簡単に入手できる資本の流れが大幅に減少する中、組織は内部に存在する未使用の資源を活用し、価値を解放し、成長が回復したときに需要レベルが上昇するように投資を延期しなければなりません。

3.人間の能力

人的能力の開発と生産性の向上の分野は、世界のあらゆる地域で競争上の優位性を得ることができる第3の要素です。今後10年間で、何百万年分もの技術的、操作的、そして「部族的」知識が職場から消えていくことになるでしょう。知識の保持という課題に取り組んだ組織は、明確な優位性を築くことができ、それは広範な業務指標に現れます。これに失敗すると、組織の「再学習サイクル」が長くなり、OE の潜在的な優位性の各分野に悪影響を及ぼす可能性があります。

これは、新興の製造業地域にも当てはまります。調査によると、中国は成熟地域に比べて単位生産性が不足しています。このギャップは、当初は時間当たりの労働コストの低さによって隠蔽されていましたが、賃金上昇の圧力が高まるにつれ、ますます露呈するでしょう。すでに、製造業は労働力の安い地方や、アジアや東欧の新興生産拠点に移転しています。

4.品質

製品やサービスの品質の分野は、OEが注力するべき豊富な機会を提供します。最近の出来事では、製品の品質と顧客のニーズへの対応力を確保するために、以前は疑う余地のなかったグローバルメーカーが、壊滅的な問題を経験する可能性があることが明らかになりました。品質の向上と維持という問題は、成熟したオペレーション市場と発展途上のオペレーション市場の両方に関係しています。

発展途上国や成熟した経済圏の顧客からの要求が高まっていることから、プロセス管理の改善による品質の向上、ばらつきの抑制、廃棄物の削減、製品の一貫性の向上は、OEアプリケーションを使って規律ある集中的な取り組みを行うための永続的な分野となる可能性があります。

5.ビジネスプロセス

ビジネスプロセスとは、インプットをアウトプットに変換する手順のことです。効果的なOE戦略では、まずリーダーシップが、競争上の優位性を実現するために必要なプロセスを確実に実施する必要があります。

生産から出荷までのサイクルでワールドクラスのパフォーマンスを発揮することで競争優位性を築くことができるのであれば、それを支える予測、計画とスケジューリング、生産管理、遠征、在庫管理などのプロセスを確実に実施しなければなりません。

オペレーショナル・エクセレンスを達成するために、プロセスの欠陥を取り除くことの重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。最も重大なプロセスの欠陥は、もちろん、プロセスが存在しないことです。仕事が「完了する」というだけでは、そのための有効なプロセスが存在するとは限りません。プロセスが有効であるためには、その設計、測定、管理が適切に行われていなければなりません。この基準が存在しない場合、プロセスは最適ではなく、組織が必要とする利点を提供することはできない。このような広い意味で適用しない限り、OE手法の適用は、短期的に持続不可能な改善となり、最悪の場合、間違ったことをより効率的に行ってしまう危険性があります。

第一部 オペレーショナル・エクセレンスへの道 - Part I

第三部 オペレーショナル・エクセレンスへの道 - Part III

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから