選択の帰結:意思決定の最終段階

すべての意思決定には不確実性がつきまといます。なぜなら、すべての意思決定は不確実な未来の中で行われるからです。良い選択をするためには、満たさなければならない特定の要素の定義の質、利用可能な代替案の評価の質、そして最後に、それらの代替案に関連するリスクの評価の質という3つの要素が必要です。しかし、最終的な選択に伴うリスクを評価せずに決断してしまうことが多々あります。

意思決定を行う前に、実現可能な代替案がもたらす可能性のある不利な結果を考慮することが必要です。あらゆる行動の負の影響は、その利益と同じくらい、時にはそれ以上に具体的なものです。ある決定がなされ、実行に移されると、その負の影響はいずれも現実の問題となります。意思決定の影響は、良いものであれ悪いものであれ、それを生み出した意思決定プロセスよりも長く続くのです。

潜在的なリスクを探ることがそれほど重要であるにもかかわらず、なぜ人々はこのステップを行わないことが多いのでしょうか?それにはいくつかの理由が考えられます。

  1. 選択肢の分析で明らかに最良の選択が得られた場合、潜在的なリスクについてブレーンストーミングをするのは時間の無駄に思えるかもしれません。
  2. みんなが熱心に選択しているときに、悲観的な意見を入れるのは抵抗があるかもしれません。
  3. 私たちは、過去の教訓を今日の決断に生かすことができない、あるいは生かそうとしないことが多い。

手元にあるすべてのデータを使って最良の選択を見つけたとき、私たちは決断に至った事実を超えて想像力を膨らませ、すべてを調査し、「何を見逃していたのか?この選択に伴うリスクを許容できるだろうか?選択肢に付随するリスクは、そのリスクが理解されていれば、必ずしも完全に不利な要素ではありません。

シェイクスピアは、「人が行った悪はそのあとも生き続けるが、善はしばしばその骨とともに埋葬される」と書いています。このことを念頭に置いて、私たちは、ある決定を下す前に、その決定によって起こりうる悪影響を徹底的に調べ、評価しなければなりません。これは、少々の知的努力以上のコストをかけずに、そのような影響に対処することができる唯一の機会です。リスクを認識し、評価することで、そのリスクを完全に回避したり、将来的にその影響を軽減するための手段を講じることができるかもしれません。

決断には様々な選択肢がある一方で、「はい」か「いいえ」か、「これ」か「あれ」かの二者択一のものもあります。慎重に何かをしないと決めた後に、リスクを考慮することには価値があります。例えば、Blockbuster社は、全世界で9,000店以上のビデオ・DVDレンタル店を持ち、年間売上高は1兆5,000億円近くに達していましたが、新たな新興企業であるNetflix社が現れました。$50万円を提供しました。 は、DVDバイメール・サービスの立ち上げを支援するためにブロックバスターは、この申し出を受けないことにした。そのリスクとは進化する巨大なビジネスモデルを逃したことになる。ブロックバスターが消滅した一方で、Netflixの市場価値は1兆3,000億円に迫る。

提案されたアクションが将来に及ぶほど、その確実性は低くなります。このような不確実性があるからこそ、意思決定には、判断、評価、経験、直感などが必要になるのです。これらは、正しい判断をするために必要な有効なデータを提供してくれます。私はこれについて正しいとは思わない」という内なる声は、貴重なリソースとなるかもしれません。

可能性が低く、深刻度が低い有害な結果に対しては、私たちは眠ることもありません。しかし、可能性が高く、非常に深刻な有害な結果には警戒すべきです。良い決断とは、うまくいく決断である。どんな意思決定も、どんな代替案も、ライバルと比較してそれほど優れたものではなく、どんな状況も、選択を実行する前に有害な結果の可能性を無視することを正当化するほど、明らかに安全ではありません。

Kepner-Tregoeについて

世界の歴史が大きく変わろうとしているこの時期に、皆様がお元気でいらっしゃることを願っております。 Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、主要な組織が急激な変化の中で成功を収めるための支援を行ってきました。また、ツール、トレーニング、コンサルティングを通じて、難解な問題を解決し、事故や問題処理のパフォーマンスを向上させ、企業の最も重要な問題に対応できる効果的なチームを作るお手伝いをしてきました。

関連

ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
プロジェクトマネージャーの選択
ブログ画像1
創造的な意思決定
ブログ画像1
決断ステークホルダーの管理

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから