オペレーショナル・エクセレンスシックスシグマを最大限に活用する

80年代初頭にゼネラル・エレクトリック社で成功を収めて以来、シックス・シグマは製造現場におけるプロセス改善手法として選ばれてきました。しかし、欠陥ゼロを目指して多額の投資をした結果、その成果が出ているのかどうかを疑問視する専門家も増えています。ここでは、シックスシグマがその期待に応えるための9つのアクションをご紹介します。

1.状況の把握

機械やプロセスがどのように機能するかを知ることは、プロセスコントロールやシックスシグマの取り組みにおいて基本的な要件であることは言うまでもありません。ここで言う「機械の仕組み」とは、単に「このボタンを押せば機械が動く」という理解ではありません。システム内で相互に作用する多くの変数、仕様で求められている設定、そしてこれらの変数が製品の重要な属性にどのように、そしてなぜ影響を与えるのかについて、詳細な知識を持つことが重要です。このような情報を収集し、共有することで、戦略的目標を達成するために、現在の状況と必要な場所を判断することができます。

2.メッセージの背後にあるリーダーたちの連携

継続的な改善や問題解決など、効果的な課題管理には、適切な人材が関与し、結果を出すために必要な変化をサポートすることが必要です。シックス・シグマの取り組みを始める前に、その取り組みに関わる全員が、シックス・シグマの導入を促した必要性、取り組みの最終的な目標、そして自分自身にもたらされる潜在的な利益を理解する必要があります。リソースを管理する人も、適切な技術データや運用データにアクセスできる人も、新しい手法を導入することの価値を理解する必要があります。適切な人々を巻き込むことで、正しい情報だけでなく、彼らの賛同とコミットメントを確実に得ることができます。

3.製造プロセスの標準化

問題解決や実験計画に着手する前に、プロセスを標準化する必要があります。プロセスは、オペレーターごとに、シフトごとに、週ごとに、正しい方法で実行されなければなりません。プロセスを理解し、全員が同意し、一貫して展開する必要があります。こうすることで、プロセスから不必要なばらつきを取り除き、チームは重要な変数や属性に集中することができます。

4.課題解決プロセスの整備

すべての組織は、製品やサービスのばらつきを最小限に抑えるために、無数の手順やプロセスを用意しています。しかし、多くの組織では、問題の根本原因を突き止めて是正措置を講じるために情報を収集し、整理し、分析する方法において、変動をコントロールするための統一されたプロセスの証拠はほとんどありません。共通の目に見えるプロセスを作ることで、シックスシグマのツールとテクニックを、プロジェクトを支えるすべてのステークホルダーに効果的に伝えることができます。

5.指標と目標の設定

ある製品の重要な属性とは何か、そしてそれがなぜ重要な属性なのか、理解できていない人は珍しくありません。しかし、製造現場の作業者が、なぜその製品属性を管理することが重要なのかを理解していなければ、工程管理の取り組みに賛同してもらうことは難しいでしょう。製品の主要な属性が川下に与える影響を理解することで、適切な品質管理措置を講じることができます。

6.変化を持続させる

トレーニングによって能力を高めることはできますが、学んだスキルを仕事に活かせるようになるには必ずしも十分ではありません。新しいスキルは、標準化された問題解決プロセスに組み込まれ、熟練した専門家によるコーチングと継続的なメンタリングによってサポートされなければなりません。さらに、新しい方法の使用について、明確かつ共通に理解された期待値、明確で具体的かつタイムリーなフィードバック、変化を採用することを奨励し報いるためのバランスのとれた結果が必要です。

7.文化を変化に合わせる

望ましい結果を得るためには、継続的な技術トレーニングへの取り組み、最も効果的なツールや機器を最適な場所に配置すること、新しいアイデアやイノベーションへのサポート、品質や長期的な利益の重視、クロスファンクショナルチームへの参加や作業を奨励する環境などの文化を作り上げることが重要です。

8.必要な能力を人々に提供する

ほとんどの従業員は統計学の知識を持っていないため、製造業においてバラツキ削減が重要な課題となっています。シックスシグマの取り組みを開始する前に、取り組みに関わる全員が基本的な用語や概念を理解する必要があります。特に、共通原因と特別原因のばらつきの違いを理解し、それぞれに対応する最も適切な方法を選択できるようにする必要があります。

9.特別な原因による問題を取り除くための効果的なツールの使用

多くの企業では、問題解決のスキルが十分ではありません。標準化されたプロセスと優れたデータ収集があったとしても、問題解決のための体系的なアプローチがなければ、問題の根本原因を突き止めることは困難です。多くの手法がある中で、特殊な原因の問題と一般的な原因の問題とでは、必要なツールが異なることを認識することが重要です。両方の状況に対応したツールを使いこなす必要があります。(ブログ記事 "トラブルシューティングの強化。KTとシックスシグマ")

学習方法 ジョンソンコントロールズは、記録的な業績を達成しました。
新たなシナジーの構築による効率化
.   
PDF版のダウンロード

ウェブキャストを見る全員が勝利する文化の創造

ブログ画像1
トラブルシューティングの強化。KTとシックスシグマ
ブログ画像1
トラブルシューティングの強化。相関関係は因果関係ではない
ブログ画像1
製薬。リーン、シックスシグマの成功と...人
ブログ画像1
KTとSix Sigma/Lean:継続的改善にスピードをもたらす

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから