KT Clear Thinking Pt II: ボトムラインの結果を導く4つのシンプルな質問

あなたやあなたの会社の従業員が、生産上の課題やその他の問題を分析し始めるとき、彼らの思考プロセスを直感的に導く4つの思考パターンがあることをご存知ですか?この4つの思考パターンは、人が日常的に無意識に行っている4つの質問に基づいています。

1)どうしたの?
2)なぜこのようなことが起きたのか?
3)どのような行動をとるべきか?
4)その先にあるものは?

これらの質問は、問題解決のためのステップ・バイ・ステップのアプローチを開発するのに役立ちます。これらの質問は、あなたとあなたのチームが望む最終結果を達成するために、何が適切で最も効果的であるかを定義します。さらに、これらの思考プロセスは、問題や懸念を明確にし、優先順位をつけ、潜在的な原因と結果の関係を判断し、選択を支援し、将来の脅威と機会を特定するのに役立ちます。

ビデオブログ「KT Clear Thinking」シリーズの最新作では、この4つの本質的な思考パターンと、それぞれがどのような結果を生み出すのかについて詳しく説明しています。

Kepner-Tregoeを見る ビデオ をYoutubeにアップしました。

関連

ブログ画像1
KT Clear Thinking Pt1: 思考をプロセス化して競争に勝つ
ブログ画像1
KT Clear Thinking Pt III: Rational Thinkingとは?

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから