送電線作業員の安全確保が、ITの明晰な思考を呼び覚ます

送電線の作業員が行う安全対策は、その背後にある明確な考え方を視覚的に示しています。視覚的でないITの世界で、リスク評価の方法を改善することはできないだろうか。

今日、家の周りの異音で目が覚めた。調べてみると、家の周りの高圧電線を点検しているようでした。電線を支える鉄塔の塗装を点検している人たちと、ちょっと外に出て写真を撮ったり、おしゃべりをしたりした。一番上の作業員が下の作業員に、場所ごとの塗装の寸法を示す数字を叫んでいた。

この活動には、明らかに多くの安全配慮がなされていました。380キロボルトの電線に誰が登りたいと思うでしょう?感電死、落下、立ち往生......さまざまな事態が想定される中、この活動は綿密に計画され、安全対策は一目瞭然でした。ハードハット、タワーには緑の旗、そしてたくさんの安全装備。

ITに携わる者として、このような非常に視覚的な活動にはいつも感心させられます。ケプナー・トリゴーの観点から見ると、すべての安全対策は、優れたリスクアセスメントの考え方を示しています。リスクを評価する際には、何か問題が発生する確率と深刻さを考慮し、安全対策に反映させる。

視覚的でないITの世界では、必ずしもそう簡単ではありません。ハードウェアやソフトウェアのアップグレードがうまくいかない場合のリスクはどの程度でしょうか。複雑化するデータセンターの構造において、すべてがうまくいかなかった場合の影響(重大さを決定するもの)を見積もるのは容易ではないことがよくあります。また、物事がうまくいかない確率の見積もりは、多くの変更が一度きりであるという事実によって、複雑になっています。ITの世界では、特定の問題が発生する確率を推定することは、極めて推測的なことなのです。そのため、KTのリスク分析手法である「潜在的な問題の分析」は、実際よりも難しく見えるかもしれません。

毎日何本もの送電線の鉄塔に登っている人たちから、私たちは何を学ぶことができるのでしょうか。

次のタワーに登り始めるたびに、同じリスクアセスメントが何度も繰り返される。もちろん、個々のタワーの環境に適用される可能性のある特殊性については、何らかの追加的な考慮がなされるでしょう。例えば、次の塔の頂上には携帯電話の基地局があります。その塔に登る人は、感電や落下のリスクだけでなく、GSM/UMTS送信機からの放射線のリスクも考慮するかもしれません。

ITの分野では、私たちの周りで行われているようなリスクアセスメントをもっと行うことができます。あるITシステムのアップグレードは、非常に特殊で唯一無二のものに見えるかもしれません。しかし、よくよく観察してみると、それは今月4回目のアップグレードかもしれません。これまでのアップグレードはどのように行われたのか、また、これまでの活動から得た経験は、今回のアップグレードをより安全に行うためにどのように役立つのだろうか。

潜在的な問題分析の仕事の再利用と、それが何度も何度も提供する価値について考えるなら、それに真剣に時間を費やし、何度も使用する正当な理由があるのです。

この時点で、GSM/UMTSのアンテナが立つ次のタワーに登っている人たちが見える。きっと、安全に対する配慮が行き届いているのでしょう。ところで、今朝、私の携帯電話がなぜか通じないのですが、心当たりはありませんか?

ブログ画像1
クリア・シンキング:最後の真の競争力
ブログ画像1
アナトミー・オブ・クリア・シンキングGM訴訟の調査について
ブログ画像1
診断するずさんな思考。治療法:ケプナー・トリゴー・クリア・シンキング - エピソード1
ブログ画像1
KT ケーススタディ。KT クリアーシンキングが Interbake Foods の成功に貢献した方法

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから