消火活動か、リーダーシップか。毎日をどのように過ごしていますか?

"私たちが作り出した世界は、私たちの思考の産物であり、私たちの思考を変えずに変えることはできません。"

-アルバート・アインシュタイン

福島原子力発電所では、地震による停電時にディーゼル発電機が作動して災害を回避しましたが、津波によって発電機が浸水してしまいました。原発の悲劇的な脆弱性は、設置場所や防水対策に関するいくつかの不適切な判断に起因しています。ずさんな思考と不適切な意思決定がこのような悲惨な結果を招くことは稀ですが、多くの組織では憂慮すべきことが明らかになっています。

Kepner-Tregoe社では、"きちんとした計画的な方法で問題に取り組む時間がない "という主張を耳にします。滞っている仕事や厳しい締め切りに直面し、すべてを稼動させなければならない人にとって、スピードは重要です。しかし、部分的に、あるいは表面的にしか問題に取り組まないと、問題が再発し、新たな問題が発生して、ますます能力を奪い、組織を圧迫するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

消火活動は、典型的には、問題を迅速に処理しなければならないという経営陣からのプレッシャーを感じた結果である。問題解決者が対処できないほど多くの問題を抱えていると、緊急性が高まり、問題解決は単なる症状の治療にしかなりません。最初の問題が解決される前に、次の問題が次々と発生し、経営陣はますます消火活動に追われることになります。

消火活動に時間をかけすぎて、計画、管理、指導がおろそかになっていませんか?消火活動の下降スパイラルから抜け出すためには、明確な思考が必要です。そのためには、「時間」「注意」「構造」という3つの前提条件が必要です。

タイム
まず優先すべきことは、やるべきことに十分な時間を割き、しっかりとやり遂げることです。悪魔は細部に宿る」という言葉がありますが、その通りです。

ATTENTION
2つ目の前提条件は、自分の行動にもっと意識的に注意を払うことです。私たちの意識は、直感的な衝動を抑制し、必要に応じて修正するという重要な役割を担っています。曖昧さ、不確かさ、疑いに対処し、入手可能な情報の質を批判的に評価できるのは、意識的な心だけなのです。難しいのは、"OKプラトー "に陥らないようにすることです。このプラトーでは、人々は "good-enough "という感覚を得て、"through the motions "を行います。

ストラクチャー
3つ目の前提条件は、思考に構造を加えることです。私たちが目にする人々の戦略は、多くの場合、場当たり的で直感的なものです。物事に取り組む方法(How)には、本当の意味での構造と一貫性が欠けており、ほとんどの注意は内容(What)に向けられています。しかし、「何を知っているか」ではなく、「知っていることで何をするか」が重要なのです。

時間をかけ、注意を払い、体制を整えれば、消防の文化を変革し、明確な考えを持つ組織を作ることができる。そのためには、強力なリーダーシップと、時代の流れに逆らわずに泳ぐ姿勢が必要です。

ブログ画像1
消防士は必要だが、防災士の方が優れている。
ブログ画像1
積極的な問題解決と非日常の創造
ブログ画像1
プロアクティブな問題管理へのサポート組織の道筋を描く
ブログ画像1
問題管理。いつから始めるか?

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから