問題解決のために、なぜコミュニケーションを重視する必要があるのか

現代の組織における問題解決は、チームスポーツである。 チームとしての成功は、協力(洞察力と情報の共有)、連携(共有アイデアの開発)、決断力、協調行動から生まれます。コミュニケーションは、チームを結びつけ、一体となって働くことを可能にする接着剤です。あなたの会社では、問題解決のプロセスほど、これが重要なものはないでしょう。このような時こそ、最高のパフォーマンスを発揮する必要があります。これらの分野で優れたコミュニケーションを実現することが、あなたとあなたの組織に利益をもたらすことがおわかりいただけるでしょう。

専門知識の活用

チームのメンバーは、それぞれ独自の専門知識、知識、視点を持ち、問題解決に役立てています。コミュニケーションは、全員の視点を把握するためだけでなく、全員の貢献が評価されていることを示し、問題解決プロセスへのさらなる参加を促すためにも重要です。

影響と下流への影響を評価する

チームの全員が、問題に対する独自の視点と、それが組織の全体像の中でどのように位置づけられるかを持っています。コミュニケーションを通じてのみ、多様な視点は、問題とそれがオペレーションや下流工程に及ぼす影響について、正確かつ包括的な視点に集約されるのです。

システム全体を考慮した意思決定

効果的なコミュニケーションが行われないと、目先の症状や、目の前の問題に直接関連するシステムの一部にのみ対処する問題解決型の意思決定が行われる傾向にあります。問題のコミュニケーションに幅広いステークホルダーを含めることで、意思決定者は、組織へのより広い影響についての意見を求め、システム全体に利益をもたらす行動を選択することができます。

ユニットとして実行する

複雑なビジネスやオペレーションの問題を解決するためには、望ましい結果を得るために、多くの部品が動くことがよくあります。チーム内の個人の活動を調整し、リソースを効率的に使用し、競合や重複を避けることは、困難なことです。チーム内の全員が、何が起こっているのか、自分が果たすべき役割は何なのかを理解するためには、チーム内の効果的なコミュニケーションが不可欠です。

インパクトを定着させる(真の変革は意識から始まる)

問題解決チームは、状況を分析し、選択肢を考え、決断し、是正措置を講じて、目の前の問題を解決するために懸命に働きます。このプロセスを通じて得られる多くの知識は、組織が将来そのような状況を繰り返さないようにするため、あるいは、そのような状況が再び発生した場合に解決を迅速化するために役立てることができます。組織的なコミュニケーションと意識改革は、問題解決から得られる利益を定着させるのに役立ちます。

ステークホルダーの期待に応える

問題解決能力に対するステークホルダーの信頼は、実際に何をしたかよりも、何を伝えたかに基づいています。ステークホルダーとのコミュニケーションを意図的、タイムリー、かつ思慮深いものにすることは、問題解決チームにかかる外圧のレベルを下げる上で大きな役割を果たすことができます。そのためには、ステークホルダーとのコミュニケーションは、その場限りの活動としてではなく、問題解決プロセスの標準的な部分である必要があります。

効果的なコミュニケーションとチームワークによって、最も困難な問題でさえも解決することができるのです。ケプナー・トリゴーは60年近くにわたり、想像を絶する難問を解決するために企業と協力してきました。彼らの専門家は、問題解決プロセスにおけるチームワークとコミュニケーションの重要性を理解しており、あなたのチームのコミュニケーション能力のレベルアップを支援します。

関連

ブログ画像1
企業の「神経細胞」となるミドルマネジメント
ブログ画像1
経営者が知らない中間管理職の実態
ブログ画像1
コミュニケーション不全に陥っていませんか?
ブログ画像1
宇宙を旅して、コミュニケーションを始める

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから