インプリメンテーション成功のための5つのカタリスト

特定の改善哲学の良し悪しについて、なぜこれほど多くの矛盾した話を聞くのでしょうか。シックス・シグマ、リーン、カイゼン、マニュファクチャリング・エクセレンス......成功は、選択した哲学やツールだけでなく、それらをどのように実行するかによっても左右されます。ビジネスの差し迫った問題に対して適切なアプローチを採用することが重要であり、その変化をうまく実行することがさらに重要なのです。

導入時には厳しい選択を迫られることが多く、エンゲージメントとインボルブメントという2つの要素が重要となります。これを軽視すると、意思決定に時間がかかり面倒になり、軽視すると、永続的な組織の改善に必要な賛同を得られないことになります。
私たちは、研修や人的資本の改善プログラムを成功させるためにお客様と長年協力してきた経験から、変化を起こすための重要な触媒となる5つの原則を特定しました。

1.旅を認め、目標を設定する。正しい道を歩むためには、自分がどこに向かっているのかを知る必要があります。目標を設定しなければ、スタートしようとするだけで永遠に続いてしまう可能性があります。タイムフレームと適切な主要業績評価指標を特定し、合意することが重要です。

2.キャパシティギャップを理解し、ニーズに優先順位をつける。今までとは違うことをしたり、新しいことを実現したりするためには、今までとは違う、あるいは新しいスキルが必要になることがよくあります。このようなスキルは、すでに持っているかもしれませんが、まだ活用していないだけかもしれません。どのようなスキルが必要なのか、どのようなスキルを持っているのかを理解し、そこからスキルギャップを推し量ることが、改善のために効果的に人材を配置するためには不可欠です。

年功序列、能力、感情のレベルが異なるため、能力開発のニーズも異なり、一長一短があります。共通の働き方をするためには、全員がそれぞれの役割を理解する必要があります。技術的な知識や専門性を高め、効果的かつ効率的な働き方を実現しなければなりません。多くの場合、実施されるトレーニングは標準的なものですが、提供されるコーチングサポートは独自のものです。

3.ソリューションを統合し、プロセスに価値を持たせる。今までとは違うことをして、新しいことを実現するためには、多くの場合、最も付加価値の高いプロセスに焦点を当て、ばらつきや無駄をなくすために、ソリューションに関する考え方を統合する必要があります。プロセスは、明確なステップと責任の所在が明確に定義されている必要があります。これらのプロセスは、合意された基準に沿って実行され、説明責任と継続的な改善のために管理されます。

4.期待値を合わせ、模範を示す。変革のための改善プログラムには、エンド・ツー・エンドで統合されたプロセスの視点が不可欠です。組織全体で期待値と測定値を調整することで、変革が促進されます。毎日を最高の日にする」という目標は、全員が参加し、お互いにサポートしながら物事を成し遂げることを意味します。

5.卓越したパフォーマンスのためのコーチ外部環境は容赦ありません。市場には新しいプレーヤーが参入してきます。遵守すべき新たな規制や、ほとんどの人の想像を超えた絶え間ない技術の進歩。継続的な改善は何年も前から言われていることですが、最終的に改善するためには、献身的な努力と集中力が必要です。継続的な開発には、独立した目、批判的で挑戦的な観察者の存在が不可欠です。

上述の5つの触媒は、変革型の改善計画の中核を成すものである必要があります。正しいスタートを切ることは重要ですが、イニシアチブの実施中のどの時点でも、一歩下がってこれらの重要な原則を見直し、変革への投資を支えるために必要な行動をとることを検討してください。

Kepner-Tregoeからのその他のアドバイス

Kepner-Tregoeについて

1958年に設立されたKepner-Tregoe社は、人がどのように考え、問題を解決し、意思決定を行うかについての画期的な研究に基づき、トレーニングとコンサルティングを組み合わせた独自のサービスを提供し、品質と効果を向上させるとともに、全体的なコストを削減しています。KTの手法は、戦略の実行、継続的な改善、顧客満足度の向上、組織全体での効果的な問題解決など、お客様の組織のあらゆるレベルで活用されています。

関連

ブログ画像1
導入を成功させるための5つのルールルール1
ブログ画像1
インプリメンテーションを成功させるための5つのルール。ルール2

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから