上司が知っておくべき問題解決トレーニングの6つのポイント

トレーニングは、コース費用、交通費、学習者が本業から離れている間の生産性の損失など、高額な投資となる可能性があります。しかし、問題解決トレーニングに関しては、その価値は明らかです。ここでは、上司が知っておくべき問題解決トレーニングに関する6つの事柄を紹介します。

1.問題解決は、組織のために、実際に測定可能な結果をもたらすことができる。

多くの「ソフトスキル」トレーニングには、組織に還元される価値に関する「ソフトメトリクス」が付属しています。問題解決能力の育成は、多くの組織がすでに使用している中核的なビジネス指標、すなわち、事故やプロセスのばらつきを解決する時間の短縮、製品品質の向上、システムや機器の稼働率の向上といった目に見える結果をもたらすことができるのです。

2.問題解決は個人の能力だけでなく、チームのためにある

問題解決のためのトレーニングは、個人にとっても非常に有益ですが、チームの活動として取り組むことで、非常に大きな価値を発揮します。チームメンバーそれぞれが自分の役割と、全体の成功に貢献するために何をすべきかを知ることで、プロセス全体の効率は向上します。複雑な問題では、どんなに優れた問題解決者でも、正しいデータを収集し、何が問題なのかを理解するために、他のメンバーの協力が必要です。その際、原因究明のための共通言語があれば、本当に助かります。

3.問題解決トレーニングは、チームをより俊敏にするのに役立つ

アジリティとは、より速く、より頻繁に軌道修正できるようになることです。問題解決トレーニングは、チームが継続的に改善する文化を育むのに役立ちます。つまり、環境にあるシグナルを常に意識し、それを効果的に分析し対応する方法を学ぶのです。また、技術的なフィードバックやユーザーからのフィードバックを評価・対処し、軌道修正が必要なタイミングを特定するための仕組みも提供します。

4.問題解決はコストを下げる

システムやプロセスが古くなり、複雑化すると、運用や修理にかかるコストが増加します。問題解決トレーニングは、根本原因の特定と再発防止策の実施を確実にすることで、チームが問題の再発を回避するための一連のツールを提供します。

5.問題解決はチームの士気を高める

従業員は、自分が環境をコントロールでき、物事を改善する機会があると感じることで、より幸福になります。一貫した問題解決方法を導入することで、チームメンバーは、改善すべき点を見つけたときに何をすべきかを明確に理解し、自ら取り組む力を身につけることができます。この一貫性により、消火活動が減り、ストレスが軽減され、チームの士気も大幅に向上します。

6.問題解決は、個々の貢献者だけでなく、管理者にも役立つスキルである

チーム内のパフォーマンスのばらつきの診断から、ビジネスプロセスの設計と最適化、生産における品質問題の解決まで、マネージャーは一日の大半を何らかの問題解決に費やしています。問題解決トレーニングは、あらゆるビジネス環境で直面する問題を把握し、診断し、対処するための体系的なアプローチをマネジャーに提供することができます。

ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決能力を高めることで、理想の仕事に就くことができる3つの方法
ブログ画像1
問題解決手法に関するよくある誤解

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから