サプライチェーン・マジック

システム化された問題分析を用いて、責任追及をやめ、顧客とサプライヤーの関係を強化する。

問題が発生したとき、誰が責任を取るのか。重要な部品の製造や材料の供給を請け負ったサプライヤーなのか、それとも仕様書を作成して最終製品を製造したお客様の組織なのか。より多くの企業が生産の一部を外部に委託し、主要なサプライヤーとより緊密なパートナーシップを築く中で、責任の所在を明らかにすることは、最良の顧客とサプライヤーの関係においても微妙なバランスを崩す可能性があります。

強い顧客関係は、顧客とサプライヤーに長期的な安定をもたらしますが、顧客が求める短納期、低コスト、高品質・安全性は、サプライヤーの収益を圧迫します。品質問題が発生すると、サプライチェーンと利益が脅かされ、多くの場合、責任のなすり合いが始まります。

世界中の組織で、Kepner-Tregoe (KT) 問題分析は、顧客とサプライヤーのパートナーシップを維持するためのツールとして選択されつつある。Kepner-Tregoe問題分析は、品質問題が表面化した後、その原因を突き止め、問題を解決するための透明で論理的なツールとなります。また、問題が発生する前に、将来の問題を予防し、不測の事態を計画するために、プロアクティブに使用することもできます。以下の事例は、問題分析がお客様とサプライヤーにもたらす価値を示しています。

"It must be the supplier" .... "They have so many other problems"

あるメーカーは、サプライヤーが1社しかない製品の問題を抱えていました。このサプライヤーは、管理システムの問題で悪評を浴びていました。メーカーは当然のことながら、最近のネガティブな評判を見て、このサプライヤーが問題の原因であるに違いないと考えました。

問題分析応用。 サプライヤーの問題解決を支援したいと考えたメーカーは、サプライヤーチームを招待し、問題分析を用いて一緒に問題を解決しようとしました。サプライヤーチームはセッションへの参加に同意しましたが、チームメンバーは、自分たちの会社がすでに問題の原因として裁かれ、有罪判決を受けていることを心配していました。

2つの異なる視点とサプライヤーチームの不安にもかかわらず、両社のトラブルシューターは体系的な問題分析プロセスを用いて協力することができました。彼らはすぐに問題記述書を作成し、「IS」を事実に基づいて特定し始めました。「IS」とは、何が、どこで、いつ、問題が発生したのか、そして問題の程度を詳細に示す事実です。これらの事実は、問題が発生する可能性があるが、"そうではない "逸脱に関する事実を説明する文と対になっていた。似たような "IS NOT "の事実があることで、原因究明の幅が大きく広がった。

この段階では、必要な情報がすべて揃っているわけではない。しかし、問題が発生する可能性のある時期について、重要なことを学びました。それは、サプライヤーが問題を起こした可能性はないということでした。

結果。 お客様はサプライヤーを責めるのをやめ、原因究明に専念しました。その結果、サプライヤーは、データの収集方法やアイデアの検証方法についてのアイデアを提供してくれました。問題はすぐに解決した。

問題を分析することで、新たなパートナーシップの意識が芽生え、将来の問題を解決するための両組織の能力に対する自信を共有することができました。

"気をつけよう、殴り合いになるかもしれない"

ある大手消費財メーカーは、自社のパッケージに問題を抱えていました。この会社は、サプライヤーに品質上の問題があり、それを明らかにしていないのではないかと疑っていた。パッケージの問題は、同社のラインオペレーターに困難をもたらし、彼らの組合から苦情が出されそうになった。そこで同社は、この問題を解決するために、ラインオペレーターとサプライヤーの生産専門家との合同会議を開催することにしたのだ。この会議を企画したとき、主催者は出席者の間で殴り合いの喧嘩が起こるのではないかと心配していた。

問題分析応用。 お客様とサプライヤーのチームは、KT問題分析を用いて問題に取り組みました。思いがけないことに、問題記述書を作成している最中に、問題は実際には3つの関連性のない逸脱から構成されていることを発見したのです。グループは問題分析を用いて、考えられる原因を特定した。可能性のある原因を検討しているうちに、このグループは、サプライヤーに品質上の問題があることに気づいた。そして、お客様にも問題があることを確認しました。

結果。 お客様とサプライヤーが協力して、梱包問題の最も可能性の高い原因を特定する方法を開発しました。このグループは、進捗状況を報告するためのミーティングを予定し、コミュニケーションのラインをオープンにしていた。お客様とサプライヤーは、他の問題を特定して解決するために協力する必要があることに気づいた。

"It must be us, they have six sigma"

ある製造会社で、コーティングに問題が発生しました。顧客がサプライヤーに問題を報告すると、サプライヤーは、顧客が問題の原因として何をしたか、そしてその原因をどのように調査するかについて提案しました。サプライヤーが長年にわたりシックスシグマに取り組んできたこともあり、顧客はそのアドバイスを歓迎し、提案された原因の調査を開始しました。その結果、いずれの原因もコーティング問題の原因ではないことが判明した。

問題分析応用。 お客様は、原因究明のためにKT問題分析を行うことを決定し、サプライヤーにも参加を呼びかけました。サプライヤーは、自分たちが原因の一部になることはできないと確信して断った。お客様の問題解決チームは、問題仕様書を作成し、いくつかの可能性のある原因を発見しました。考えられる原因のすべてが、サプライヤーの製造工程が問題を引き起こしていることを示していた。

結果。 お客様はサプライヤーと会い、データを提示し、真の原因を確認する方法を検討しました。データは,優れた方法論にもかかわらず,彼らのプロセスが100%を制御できていないことをサプライヤに明らかにした.お客様とサプライヤーの両者は,誰が責任を負うべきかという先入観にとらわれず,また悪意を持たずに問題を解決することができたのは問題分析のおかげだということに同意した.

結論責任のなすり合いを避ける

問題分析は、データを収集して整理し、原因を突き止めることに焦点を当てており、顧客とサプライヤーの間で頻繁に起こる責任のなすり合いを排除します。非効率的な非難合戦から、論理的かつ体系的なKT問題分析のアプローチに置き換えることで、コミュニケーションが構築され、サプライチェーンが強化され、顧客とサプライヤーの関係が修復され、多くの場合改善される。

Kepner-Tregoeについて

Kepner-Tregoe社は、問題解決のリーダーです。60年以上にわたり、Kepner-Tregoe社は、より効果的な根本原因の分析と意思決定のスキルを通じて、世界中の何千もの組織が何百万もの問題を解決するお手伝いをしてきました。Kepner-Tregoe社は、以下のような方法で、コストを大幅に削減し、業務パフォーマンスを向上させるために企業と提携しています。
問題解決のためのトレーニング、技術、コンサルティングサービスを提供します。

関連

考える組織をつくる

トラブルシューティングの強化。ライフサイクルの中での位置づけ

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから