ZLBプラズマサービス、A CSLカンパニー

クライアント

アベンティス・バイオサービス(ABS)は、現在、CSL社のZLBプラズマサービスと合併しており、世界最大級の血漿採取会社です。

挑戦

ABSの成長に伴い、プロジェクトの過多が一貫したプロジェクトの成功を圧倒していました。プロジェクトの数が多すぎて、プロジェクトの定義が不十分だったり、経営陣の賛同が得られないことが多々ありました。重要なプロジェクトの中にはスケジュールが遅れているものもあり、プロジェクトマネージャーは増大するプロジェクトの要求に応えるのに苦労していました。

ソリューション

Kepner-Tregoe社は、ABS社と協力して、プロジェクトパフォーマンスのギャップを特定し、改善計画を策定し、改善を実施しました。Kepner-Tregoeは、ABSのプロジェクトポートフォリオの管理、プロジェクトガバナンスの提供、プロジェクトの目標達成を担当するプロジェクトマネジメントオフィスの設立を支援しました。その他の取り組みは以下の通りです。

プロジェクト管理のための共通言語を提供する体系的な方法論である「KTプロジェクト管理」と、Microsoft® Projectの学習と使用を容易にするソフトウェアである「KT Project Logic®」を紹介するスキルアッププログラムです。

KTプロジェクトマネジメントワークショップを教え、プロジェクトマネージャーを指導し、クラス最高のプロジェクトマネジメントをサポートする認定プログラムリーダーとしてのABS社員の育成。

プロジェクトの作業に関する情報を共有し、プロジェクトの成功を伝えるためのコミュニケーションプログラム。

結果

結果は迅速かつ持続的でした。1年後には、プロジェクトに携わる全員が、プロジェクトマネジメントのための一貫した親しみやすい言葉を使うようになりました。プロジェクトに対する意識、コミュニケーション、そして成功が劇的に向上しました。予定通りのプロジェクトは、56.4%から90%に増加しました。プロジェクトリーダーは、平均1.4個のプロジェクトを担当していましたが、手に負えない2.6個のプロジェクトから減少しました。ある例では、KTプロジェクトマネジメントを使ってプロジェクトを適切に定義することで、$191,000と696人分の日数を節約することができました。プロジェクトは、ZLBプラズマサービスの仕事の進め方であり、結果を重視した柔軟な体制を提供しています。

「プロジェクトを適切に定義できるようになったことで、数え切れないほどのドルと数ヶ月間の無駄な努力を省くことができました...変化はもはや例外ではなく、我々の生き方です。変化はもはや例外ではなく、我々の生きる道です。KT for Project Managementと提携したことで、我々は変化を利用し、それをうまく活用することができるようになりました」と述べている。

- マット・シャピロ(ABS担当シニア・マネージャー、プロジェクト・ロールアウト時