システマティックなアプローチで次世代の医薬品を狙う

医薬品

クライアント

新薬の発見、開発、商業化を行う企業が、製品開発の成功率を向上させたいと考えたとき、Kepner-Tregoe(KT)がその取り組みを支援しました。その企業のリーダーは、より戦略的に行動し、新しいアイデアを発掘するためのプロセスを最適化し、新製品プロジェクトの選定方法を改善したいと考えていた。しかし、創造性を妨げたり、レビューに提出された新しいアイデアを制限することはできなかった。

ソリューション

KTは、既存の選定プロセスを明確にし、その長所と短所を理解するための支援を行いました。KTと製品開発チームは共同で、企業戦略に沿ったプロジェクトを選択するための基準を作成した。より詳細なレベルでは、新製品の目標を設定し、その目標を達成するために必要な重み付けを行った。
その相対的な重要性を示しています。目的は、ターゲットのニーズ、市場の可能性、開発の実現性、コストなど、多岐にわたる重要な問題を扱っています。重み付けされた目的は、標準化された意思決定分析プロセスを用いてプロジェクトを客観的に評価するためのフレームワークとなります。

重み付けされた目標とプロセスを導入することで、組織は新製品プロジェクトの最適なポートフォリオをパイプラインに導入することに集中できるようになります。意思決定者は、加重目的を用いてプロジェクトの候補を採点し、採点結果の上位のプロジェクトについて、プロジェクト、リスク、ベネフィットを横に並べて最終的に検討します。最終的な選択は、焦点を絞って客観的に選択された短いリストの中から行われます。

結果

厳選されたプロジェクトが成功する確率は、以下のように高くなります。

  • プロジェクト選択の指針となる複数の重み付けされた目標は、ターゲット製品のプロファイル、商品化、製品の発見と開発の成功確率、戦略的な連携など、成功のための主要な戦略的指標を示しています。
  • コスト、時間、品質の基準は、加重目的に含めることで考慮されます。
  • 開発に選ばれなかったプロジェクトに携わるスポンサーやチームは、その選択を理解し、支持しています。意思決定のプロセスが明確になることで、選ばれなかったプロジェクトを「手放す」ことができるようになります。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから