ウィリアム・B.
ボールドウィン

最高経営責任者(CEO)、2007年より取締役

キーファクト

ビルはCEOとして、Kepner-Tregoe(KT)の世界的な事業の日々のリーダーシップを担い、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の地域および企業のリーダーシップチームに指示と洞察を与えています。ビルは、多国籍企業のあらゆる側面を管理してきた豊富な経験を持ち、幅広い業界の顧客との協力関係を築いてきました。

Kepner-Tregoe社でのキャリアは、1997年に始まりました。2002年には最高財務責任者に昇進し、2007年にはKT社の取締役に就任しました。2016年には、取締役会に直接報告する最高執行責任者(COO)の役割に移行しました。 COOとしてのビルのリーダーシップにより、2018年にKepner-Tregoeの最高経営責任者に昇格した。

ビルは、KT社の顧客ベースに価値を提供することに情熱を持っており、今日の困難で複雑でペースの速いビジネス環境のニーズを満たす付加価値のあるサービスを提供することで、より効率的かつ効果的に顧客にサービスを提供する方法を革新するために、会社と自分自身に絶えず挑戦している。ビルは、顧客対応プロセスを大幅に改善し、同社との取引を容易にした。また、これらの改善により、コストを削減し、収益性、キャッシュフロー、株主価値を向上させた。また、KT社のグローバルな従業員に焦点を当て、オーナーシップモデルを含む従業員の福利厚生を構築し、報酬のインセンティブを高めることで、KT社が魅力的な職場であることをアピールした。また、ビルは教育にも熱心に取り組んでいます。ビルは教育にも熱心で、KTの創業者であるベンジャミン・トレゴが設立した非営利団体TregoEDの理事長を務めている。TregoEDは、学区のリーダー、教師、生徒にクリティカルシンキングのスキルを提供している。

2016年、ビルは、CFO Studioによるオペレーション部門の年次CFO Success Awardの受賞者として認められたほか、Wealth and Finance InternationalおよびAcquisition InternationalによるCFO of the Monthを受賞しました。ビルは、CFO StudioのDriving Employee Performance and Engagement Sharing Financial Intelligence and Insightsや、WithumSmith+BrownとCitibankが主催するハーバード・ビジネス・クラブのGlobal Summitなど、財務やグローバルビジネスの問題に関するエグゼクティブ・リーダーやパネリストを務めることを頻繁に求められています。また、プリンストン商工会議所が主催する「How to Succeed in Going Global」プログラムでもリーダーシップを発揮しています。

Kepner-Tregoe社以前は、Prince Sports Group, Inc.のコーポレート・コントローラーとして、PrinceおよびEktelonブランドを含む全世界のPrince事業の財務報告、会計、予算編成、予測、在庫計画などを担当していました。アーンスト・アンド・ヤングに11年間勤務し、製造業、流通業、不動産業、通信業、スポーツ・レジャー業、ハイテク産業のクライアントにサービスを提供してきました。E&Yでは、全米セミナーの講師やピアレビュー委員会のメンバーを務めました。

ローワン大学で会計学のB.A.を取得。また、公認会計士および勅許グローバル管理会計士の資格を有しています。ビルは妻のジャニスとニュージャージー州サマセットに在住し、2人の成人した子供と3人の孫がいます。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから