アンディ
クック

2011年より会長、2009年より取締役

キーファクト

アンディ・クックは、2011年4月から取締役会の会長を務め、2009年10月からは社外取締役を務めています。Kepner-Tregoe社との関わりは、1995年にCrosfield Electronics社(後にFUJIFILM Electronic Imaging社となる)の上級管理職として、英国のグラフィックアート製造子会社に勤務していた時に始まる。アンディは、KT手法を組織全体に展開し、長期的なビジネスプランの実施を主導した。

1998年にMBAを取得した後、アンディは自身のコンサルティングビジネスを開始し、KT社と共にいくつかの大規模なコンサルティングプロジェクトを手がけた。2000年には、FUJIFILM Electronic Imaging社にマネージング・ディレクターとして入社し、新たな戦略的成長計画を成功させた。日本を拠点とする取締役会に報告し、グラフィックアート業界全体で力強い成長を遂げた。

2002年、FFEIは名誉あるQueen's Award for Enterpriseをイノベーション部門で初めて受賞した。2006年、アンディは富士フイルムからのマネジメントバイアウトを行い、大株主となり、社名をFFEI Limitedに変更した。アンディは、デジタル病理学と産業用印刷という新たな成長市場に事業を多角化し、製品デザインの革新性を評価され、前例のない3つのクイーンズアワードを受賞した。産業用インクジェット市場で成功を収めた後、2021年にアンディは、インクジェットヘッド技術のリーダーである英国のXaar plcへのFFEIの売却を主導した。現在も、英国の多くの大手企業にコンサルティングを提供している。

アンディは、英国印刷業界のPICON、ハーツ商工会議所、地元の大規模な慈善団体であるボックス・ムーア・トラストなどの著名な役員を務めており、役員レベルでの指導や活動に幅広い経験を持っています。また、経済開発イニシアチブをサポートする様々な地方政府のビジネス運営グループにも参加しています。

電子工学のディプロマを取得し、Ashridge Management CollegeでMBAを取得。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから