Andrew C.
マーシャル

リージョナル・マネージング・ディレクター、ノース・アメリカ

キーファクト

Andrew C. Marshall [Drew] は、Kepner Tregoe (KT) 社の北米市場におけるリージョナル・マネージング・ディレクターです。また、KTの取締役会のメンバーにも選出されている。ドリューは、プロセス・コンサルティング、プロジェクト・マネジメント、人事管理、クリティカル・シンキングの実践、製品開発方法論などのコンサルティングおよびマネジメントの経験を持つ。

彼は幅広い業界の知識と経験を持ち、以下のようなクライアントと仕事をしてきました。American Express、Visa、Morgan Stanley、Oppenheimer Funds(現在はInvescoの一部)、Port of Seattle、Unified Port District of San Diego、Exploratorium、LG Electronics、Microsoft、Oracle、Google、Hewlett Packard Enterprise、Nordeus、Constellation Software、Boston Scientific、Johnson & Johnson、Verizon、Southwireなどの業界に精通しています。

KT社の前は、経営コンサルティングとリーダーシップ開発を行うPrimed Consulting社のCEO兼社長を務めていました。Primed Consulting社は、クライアントのイノベーションと製品開発を促進することを主な目的とし、顧客価値を高めるためのマップを作成することに重点を置いたリーダーシップ活動を行っていました。また、1999年から2009年までの10年間、Kepner-Tregoe社に勤務し、パートナーおよびチーフ・イノベーション・オフィサーを務めた。

オーストラリアのウェスタン・シドニー大学で文学士号と教育学修士号を取得。ワシントン州シアトルにあるアンティオキア大学でホールシステムデザインの修士号を取得しています。

プレゼンターや講演者としても活躍するドリューは、Forbes EntrepreneurやBusiness Insiderのブログサイトにも定期的に登場し、Washington Postのスモールビジネスブログでも紹介されています。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから