ユニロイヤル・ケミカル社は、他社よりも優位に立ちたいと考えたとき、いつものようにケプナー・トリゴー(KT)を採用した。

同社の継続的改善チームは、KTの「状況評価」を用いて、問題を特定し、解決するためのKT Problem Solving & Decision Making (PSDM)プロセスを熟知しており、改善すべき領域を特定した。チームは、影響度の高い5つの課題を、深刻度、緊急度、成長度の観点から優先度を評価してランク付けし、KTの意思決定分析を用いて最優先課題を選択した。

問題は?"合成ゴム製の袋入りベールの外観不良"詳しく説明すると、袋の一部が膨らみ、袋を入れている他のスキッドに傾くことがありました。時には、スキッド全体が倒れて袋が破れ、製品が汚染されることもありました。通常、問題のある袋は顧客に出荷される前に発見されますが、前年には99,000ポンドの不合格品がこの問題のために再梱包、再処理、または廃棄されました。チームの仕事は?見た目の悪さの原因を突き止め、最適な解決策を見つけて実行すること。

KTプロブレムアナリシス」を用いて原因を特定し、分析とテストによって多くの原因を取り除きました。最終的な答えは?ある種のゴムが柔らかすぎて、最初の冷却・沈降期間中に袋に入れることができず、袋が変形して傾いてしまったのである。

With the root cause known, the team considered possible solutions following the KT Decison Analysis method. So what solution best met the preset criteria? Placing the bags into a box. Specifically, employees placed the bags into a reusable box to provide support and protection during the cooling and settling period. The box was removed from the skid prior to shipment. Through feasibility trials, the team demonstrated that this solution resolved the issue at hand.

After the solution was implemented, rejection of bagged bales due to poor appear- ance ceased. By using PSDM to gain an extra edge, Uniroyal increased production capacity and customer satisfaction and eliminated the costs of reworked and scrapped bales.