Kepner-Tregoe問題解決トレーニングにより、マイクロソフトのプログラムリーダーがスキルを向上させ、他のマイクロソフトチームを訓練することができます。

私たちの使命は、地球上のすべての人と組織がより多くのことを達成できるようにすることです。

このビジョン・ステートメントは、世界で最も賞賛されている多国籍テクノロジー企業のひとつであるマイクロソフトのウェブサイトに大きく掲載されています。その企業とは、マイクロソフトです。

マイクロソフトは顧客サービスの最適化を使命としており、その一環として、ケプナー・トリゴーの問題解決手法を社内の仕組みやシステムに適用できるようマイクロソフトのチームを訓練するプログラムリーダーを育成しています。

写真左から右へ。Kepner-Tregoe/Microsoftのプログラムリーダーを卒業したRadu Tomoiaga、Corina Marinescu、Catalin GramaとMicrosoftのカスタマー・サービス&サポート担当副社長のAileen Alkins(右から2番目)。写真には写っていませんが、同じプログラムリーダーでシニアCSSエンジニアのNasir Aliが写っています。2017年5月1日の週、ブカレストで祝賀会を開催

マイクロソフトの経営陣は、「世界中の人々や企業がその可能性を最大限に発揮できるよう支援する」というミッションに非常に真剣に取り組んでいます。この間、チームは会社のビジョンを達成し、その価値を広めるために有能な人材を集め、また、「顧客を大切にする」企業になるための有用なパートナーになると信じる他の組織も集めてきました。

Kepner-Tregoeは、複雑さを軽減し、官僚主義を回避し、高効率な製品と優れたサービスを顧客に提供するためのプログラムの協力者、推進者として、マイクロソフトに参加する特権を得ました。マイクロソフトにとって、世界中の何百万ものビジネスで高く評価されている顧客に、最新のデジタルサポートを提供することは、尽きることのない情熱です。そのためには、IT技術に精通し、世界中に配置されたマイクロソフトカスタマーサービス&サポート(CSS)チームのメンバーに提示された問題をトラブルシューティングし解決する、最高の「批判的思考」能力の両方が必要とされます。

マイクロソフトのカスタマーサービス&サポート担当副社長であるアイリーン・アルキンスは、CSSエンジニアがお客様の問題を迅速かつ効果的に解決するだけでなく、自信を持って解決できるよう、多くの補完的な方法を見つけるためにチームを結集させたと、はっきりと言っています。

目標を高く掲げたマイクロソフトは、Kepner-Tregoeをチームの重要なメンバーとして招聘しました。彼らは、マイクロソフトが戦略的な顧客満足の目標を達成するために直面する課題に、共に取り組んでいます。Kepner-Tregoeは、ルーマニアのブカレストにあるMicrosoft CSSサイトで、リーダーやエンジニアの受容的なグループに、強固な問題解決と意思決定の合理的なプロセススキルのトレーニングと指導を開始しました。

ケプナー・トリゴーの「明晰な思考」哲学は、約60年にわたり、あらゆる企業の顧客に市場での競争力を提供する#1問題解決プロセスとして認識されてきました。マイクロソフトのチームメンバーは現在、体系的でデータに基づいた方法論によって既存の問題解決スキルを強化し、顧客満足度を大幅に向上させています。

ワークショップやコーチングの機会を通じてこの能力開発の取り組みに参加しているマイクロソフトのチームメンバーは、トレーニングセッションで述べたように、自分のスキルの価値を高めています。

"このトレーニングによって、無意識の能力から意識的な能力へと前進することができます。"

"エンジニアとして、明確な思考を持ち、その上でお客様に影響を与えるような判断をすることが求められています。明確なアプローチとより論理的な思考で他人を教育することにつながるので、これは義務化されるべきだと思います。"

"Kepner-Tregoeのプロセスを使った後、仕事で問題を解決する自信がつきました。"

そして、ケプナー・トリゴーの問題解決と意思決定プロセスを学んだMSのエンジニアは、世界中の人々と企業の可能性を最大限に引き出すことができるようになる。

ブログ画像1
マイクロソフトの単なる研修プログラム?再考してください...
ブログ画像1
カスタマー・サービス顧客満足を超えた顧客ロイヤルティ
ブログ画像1
変える力。5週間の試験的なプログラムがカスタマーサービスを変える
ブログ画像1
トラブルシューティングスキル - 顧客満足の鍵

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから