問題解決のためのエコシステム・アプローチ

あなたのビジネスは、原材料を顧客が必要とする製品やサービスに変換するバリューチェーンの一部として存在しています。このバリューチェーンには、あなただけでなく、他のエコシステムも存在しています。サプライヤー、パートナー、顧客、競合他社、規制当局のすべてが、あなたの会社の成功に一役買っているのです。では、なぜ多くの企業は、エコシステム・パートナーを巻き込むのではなく、自分たちの影響範囲に限定した孤立した活動として問題解決に取り組むのでしょうか?多くの場合、その答えは「何から手をつければいいかわからない」からです。

ここでは、貴社がエコシステム・アプローチで問題解決を成功させるための7つのヒントをご紹介します。

1.共通の目標に集中する - お客様のために価値を創造する役割に関係なく、バリューチェーンの各関係者はお客様のニーズを満たすために存在します。この共通の目標に焦点を当てることで、当面の問題を解決し、将来的により良い協力関係を築くための基盤を得ることができます。

2.各当事者の目的を理解する成功とはどのようなものか、何が彼らを動機づけるのか。企業は、(その性質上)「利己的な存在」である人間で構成されています。各人(または組織)は、自分たちの目先の、あるいは長期的なニーズや目標に最も適していると信じる選択をします。それぞれの当事者が何を望んでいるかを理解することで、(理想的には)Win-Win、あるいは少なくとも公正な妥協点となる結果を促進することができるのです。

3.情報・通信の流れを円滑にする。 これは、長期にわたってエンゲージメントを維持するための鍵であり、問題解決のためのエコシステム・アプローチがしばしば非効率的になり、破綻してしまうところでもあるのです。情報はエコシステム全体で作成、分析、消費されますが、(文化的、プロセス的、組織的、物流的)障壁があるため、情報をオープンに共有することができません。情報の流れを円滑にし、不必要な境界線を取り除くことが、関係者がチームとして効果的に活動するための鍵となります。

4.ズームアウトして大局的に見る 目先の問題を超えてエコシステムによる問題解決が非常に効果的なのは、自社の範囲にとどまらず、より広い環境において、問題の原因や影響を見つけ出し、その問題の一因となっている、あるいは解決に貢献する可能性のあるものを見つけることができるからです。

5.外部の視点を活用する より完全な視点を養うために。パートナーは視野を広げるための能力を提供してくれますが、全体像を把握するためのパズルのさまざまなピースを組み立てるのは、あなた次第です。

6.問題解決のためのリーダーシップと構造を提供する。.効果的なチームは、各プレイヤーが自分の果たすべき役割と、誰に指示を仰げばよいかを知っており、連携がとれています。あなたである必要はありませんが、誰かが猫の番をしていることを確認してください。

7.貢献と関与を認める に、次に問題に遭遇したときに、エコシステムのパートナーに支援を呼びかける。生態系に存在する関係は、当面の問題を超えて広がっていることを忘れないようにしましょう。次の共有問題や機会に備えて関係を強化する手段として、パートナーに感謝する機会を設けましょう。

問題解決の過程でエコシステム・パートナーをうまく活用することを学んだ企業は、豊富な知識と多様な視点にアクセスすることができます。これにより、より効果的な解決策を導き出し、他の方法では発見できなかった将来の成長のための隠れた機会を発見することができるのです。

関連記事

ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決能力を高めることで、理想の仕事に就くことができる3つの方法
ブログ画像1
IT業界のための問題解決トレーニングに投資すべき5つの兆候

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから